onox blog

GatsbyにAdsenseを導入する

2018-12-22 onoxevetech

GatsbyにAdsenseを導入(審査用コード)する手順。

事前準備

Privacy Policyを念のため用意した。 Privacy Policyの書き方はググると色々出てくるが、今のところAdSenseしか利用してないので、必須コンテンツ - AdSense ヘルプに沿ってピンポイントで作成した。

概要

GatsbyのPluginとしてgatsby-plugin-google-adsenseeがあったが、上手く動かなかった。(scriptタグが読み込まれない..)
よってReact用のPluginであるreact-adsenseを使うことにした。

1. react-adsenseのインストール

npm install --save react-adsense

2. Gatsby Templateの修正

Adsenseサイト上で払い出された広告タグを配置する。 記事ページにだけ配置したところ、Adsenseサイトで実施するコードチェックに失敗してしまった。 どうやらトップページを見ているようなので、暫定的にトップページにもタグを追加している。

Base Template

src/html.js

import AdSense from 'react-adsense';

<head>
  <script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
  // トップページには表示させないので不要だが、Adsenseサイトからコードが見つからなかったので追加
  <AdSense.Google
    // 払い出されたcaから始まるコードに置き換える
    client='xxx'
    // 広告スロットはまだ作成してないので、空欄でOK
    slot=''
  />
</head>

Post Template

src/templates/PostTemplate.js

import AdSense from 'react-adsense';

<Article>
  // 広告を表示させたい位置に配置
  <AdSense.Google
    // 払い出されたcaから始まるコードに置き換える
    client='xxx'
    // 広告スロットはまだ作成してないので、空欄でOK
    slot=''
  />
</Article>

3. 審査に通った後(追記)

3時間ほどで無事審査に通ったので、Gatsby側の修正を実施する。

Base Template

トップページではscriptタグだけあれば問題ないので、react-adsenseのimportを削除する。

src/html.js

import AdSense from 'react-adsense';

Post Template

Adsense上で新規広告ユニットを作成し、広告タグを生成する。
今回は記事内広告を作ってみた。以下のよう修正してdone。 対応しているオプションは、公式react-adsense参照。

src/templates/PostTemplate.js

<AdSense.Google
  style={{ display: 'block', 'text-align': 'center' }}
  client='ca-pub-xxx'
  slot='xxx'
  format='fluid'
/>

Shunsuke Ono - I’m a web developer.