onox blog

Rails5.1 Webpacker + React on Docker

2018-02-10 onoxeve

Rails5.1 + Webpacker + Reactな開発環境をDockerで作る際の手順。

0. 実施環境

  • maxOS: High Sierra Version 10.13.3
  • Docker: Version 17.12.0-ce-mac49 (21995)

1. ファイル準備

適当なディレクトリを作成し、4つのファイルを準備する。
概ね公式通りにやっている。
https://docs.docker.com/compose/rails/

docker-compose.yml

version: '3'
services:
  db:
    image: mysql
    environment:
      MYSQL_ROOT_PASSWORD: mysql
  web:
    build: .
    command: bundle exec rails s -p 3000 -b '0.0.0.0'
    volumes:
      - .:/reactapp
    ports:
      - "3000:3000"
    depends_on:
      - db
    tty: true
    stdin_open: true

Dockerfile

Webpackerを利用するため、nodejsyarnを追加。

FROM ruby:2.4.1
RUN apt-get update -qq && apt-get install -y build-essential libpq-dev
RUN curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_9.x | bash
RUN apt-get install -y nodejs
RUN curl -sS https://dl.yarnpkg.com/debian/pubkey.gpg | apt-key add -
RUN echo "deb https://dl.yarnpkg.com/debian/ stable main" | tee /etc/apt/sources.list.d/yarn.list
RUN apt-get update -qq && apt-get install yarn
RUN mkdir /reactapp
WORKDIR /reactapp
ADD Gemfile /reactapp/Gemfile
ADD Gemfile.lock /reactapp/Gemfile.lock
RUN bundle install
ADD . /reactapp

Gemfile

railsだけでOK。後でrail newする際に上書きされる。

source 'https://rubygems.org'
gem 'rails', '5.1.4'

Gemfile.lock

空ファイルでOK。

2. ビルド

--webpack=reactをつけてrails newすることで、webpacker及び、react関連moduleのインストールまでやってくれる。

cd <project-folder>
docker-compose run web rails new . --webpack=react

※参考: webpackerreact関連moduleの単体インストール

  • webpackerの単体インストール

Gemfileに追加

gem 'webpacker', '~> 3.2'
docker-compose run web rails webpacker:install
  • React関連moduleの単体インストール
docker-compose run web rails webpacker:install:react

2.1 現時点でのバグ対応

webpackerインストール時に、Railsルートディレクトリのbin配下に以下ファイルが生成されてない。よって、手動で配置する必要がある。

  • webpack
  • webpack-dev-server

公式のgithubからコピーして配置する。
https://github.com/rails/webpacker/tree/master/exe

※条件は不明だが、webpacker (3.2.1)、Rails(5.1.4)で発生している。

3. 再ビルド

新しいGemfileが生成されたので、イメージを再ビルドする。ADD Gemfile以降が再実行される。

docker-compose build

4. Rails DB configの修正

接続先をmysqlに変更する。

config/database.yml

development:
  <<: *default
  database: reactapp_development
  host: db
  password: mysql

test:
  <<: *default
  database: reactapp_test
  host: db
  password: mysql

5. アプリ起動

docker-compose up

起動後、ブラウザからhttp://0.0.0.0:3000/にアクセス。Yay! You’re on Rails!が表示されればOK。

6. お試しカウンター機能でReact動作確認

ボタンをクリックしたらカウンターが増加していくviewを作る。

適当にコントローラーを作成

rails g controller top counter

app/javascript/packs/counter.jsxを作成(Reactコンポーネント)

import React from 'react'
import ReactDOM from 'react-dom'

class Counter extends React.Component {
  constructor(props) {
    super(props)
    this.state = {
      counter: 0
    }
    this.increment = this.increment.bind(this)
  }
  increment() {
    this.setState(
      {
        counter: this.state.counter + 1
      }
    )
  }
  render() {
    return (
      <div>
        <div> Counter = {this.state.counter}</div >
        <button onClick = {this.increment}> Click me!</button >
      </div>
    )
  }
}
document.addEventListener('DOMContentLoaded', () => {
  ReactDOM.render(
    <Counter />,
  document.getElementById('counter')
)
})

views/top/counter.html.erbを以下に書き換える。
javascript_pack_tagで対象のjsファイルをincludeできる。

<div id="counter"></div>
<%= javascript_pack_tag "counter" %>

webpack-dev-serverを起動する(ファイル変更時に自動でコンパイルをしてくれる)

bin/webpack-dev-server

Shunsuke Ono - I’m a web developer.